[PR] 弁理士 1960年代邦画:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1960年代邦画

菊地凛子Gグローブ賞候補

菊池凛子聴覚障害者演技から思い出すこと

「映画「バベル」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)で聴覚障害のある女子高生を演じ、日本人女優として35年ぶりに米ゴールデングローブ賞助演女優賞の候補となった菊地凛子さん(25)が、産経新聞のインタビューに応じ、「人生で大切なことはすべて映画で学んだ」と熱い思いを語った。」(産経)

このニュースを見たとき、突然思い出したのが、「名もなく貧しく美しく」1961年の映画でした。



夫松山善三監督 妻高峰秀子主演のいい映画だった記憶があります。

今回の菊池凛子の役柄や、その作品のテーマがどういうものか分からないので、比較云々するのではありません。

40数年前高峰の聴覚障害者演技が急に目の前に現れたのです。

聾唖者独特の抑揚のない台詞回し、そこにその時々の感情が乗せられていた演技を上手いなぁと、当時感じました。

映画の内容は、題名とは異なり、ほのぼのした空気の通うものではありませんでした。

戦後の生活苦時代、周囲の言うなら偏見にさらされながら、底辺を生きる彼女の姿が描かれていました。

「名もなく貧しく美しく」は
戦後まもなくの、生活苦の時代、聾唖者夫婦が懸命に生きる姿を描いた作品でした。

周囲からの偏見の中、出産、聞こえないためでの赤ちゃんの事故、その死

落ち込みなど

この映画は、障害者の生きる当たり前の生活を描いていこうとしていましたが、悲劇が次々起こることになります。

映画ですから、そうでなければ作品にならないわけですが、

二人は、周囲の反対にもかかわらず、2人目を出産、健康優良児に育てますが、物心ついた子供からは疎まれるのです、そして彼女はあっけなく交通事故でこの世を去ってしまいます。

こうストーリーを書いてしまうと、暗くて面白くない映画になってしまいますが、映画はストーリーではありません。

そのワンシーンワンシーンが多くのことを語ってくれるのです。

障害者の生きる姿を描き、
ただ生きることを教えてくれます。

誰かの歌に「生きてりゃいいさ」とのフレーズがありましたが、そんな単純なことをこの映画は教えてくれた記憶があります。

この機会に一度ごらんになってください
そして、菊池凛子さんの映画も見に行きましょう。

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


 私が推他する古典映画を紹介しています。
 よければクリックしてください。

  ここからリストページにご案内いたします

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp


1960年代邦画

黒澤映画 椿三十郎

黒澤映画 椿三十郎について

私は山本周五郎がすべてと言うくらいの人間です

息子娘、犬猫にいたるまで、彼の小説の人物の名前をつけてしまいました。

ところで「椿三十郎」は「日日平安」という小説の映画化です。

小説は、伊藤雄之助が演じた家老を中心に描いた小説でしたが、黒澤はそれを活劇にしました。

用心棒シリーズの第2弾でしたね。

             tubaki5.jpg

加山雄三が若侍役で出ていたのですから、隔世の感がします。

その昔、伊丹十三の父親の伊丹万作が

「赤西蠣太」という映画を片岡知恵蔵で撮りましたが、周五郎原作の「日日平安」はそんなタイプの小説で、昼行灯の家老が主人公でした。

しかし黒澤は、見事に活劇に仕立てたのですから、

当時見た私はその見事さに脱帽したものです。


ところで
私は周五郎全集3種類買いました
馬鹿みたいですが、だから100冊くらい本棚に並んでいます。

 私と同じ馬鹿な方、まず  から


ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。