[PR] 弁理士 恋愛映画:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

恋愛映画

日本映画が感動と共に帰ってきた

60歳のラブレター

日本映画(邦画)の原点が戻ってきました。

http://www.roku-love.com/intro/より引用
「大手建設会社の定年退職を目前に控え、第二の人生をはじめようとする孝平と、専業主婦として家族に尽くしてきたちひろは、離婚を決意。お互いが別々の道を歩み始めたとき、新婚当初ちひろが30年後の孝平に宛てて書いた手紙が、時を経て届けられる──。
 5年前、愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・静夫は、医療小説の監修を求められ、翻訳家として第一線で活躍する麗子と出会う。新しい恋に臆病だった2人に勇気をくれたのは、思いがけない人からの英文ラブレター。

 青春時代にビートルズを謳歌し、今は魚屋を営む正彦と光江。口げんかは絶えずとも、友達のような2人に訪れた悲しい出来事。手術にのぞんだ光江が眠る病室には正彦が弾き語るギターの音色が響く。それは2人の思い出の曲──。」

この3組の60代の男女の生活と愛の物語。

イントロで東京の俯瞰が、首都高速が俯瞰、人が住んでいるのか、ただ大量の車が行きかう東京。

そこに田舎のアンちゃんが運転する車が・・・

彼はこの映画にほとんど登場しない
映画を見れば分かりますが、縦糸をつなぐ重要な役目のアンちゃんです。

さて、こんな手法どこかで見た記憶があるのですが・・・
今思い出せません。

このような小品が胸を打つ映画の原点時代がやってきました。
このところの日本映画(邦画)の健闘は

いつの間にか毒されたアメリカ映画の荒唐無稽のドンパチ映画
それに人が辟易し始めたのでしょう

すぐ身近に胸を打つ人の感動があった、そう気づかせてくれるのがこの映画です。

スピルバーグのCGに3丁目の夕日のCGがかったと思った瞬間
日本映画(邦画)が復活したと思ったのでした。

それにしてもこの監督若いので、驚きました。
深川栄作:1976年、千葉県出身。高校卒業後、専門学校で映画制作を学ぶ。


NHKの企画による60歳のラブレター収集から生まれた映画です。

60歳のラブレター(5)

恋愛映画

秘書(セクレタリー)

こんばんは

昨夜も寝苦しく、USENギャオの映画を午前3時まで見てしまいました。

m030635a.jpg「セクレタリー」(秘書)という映画でしたが、女優も男優も知らない俳優で、なんかセックスの際物映画だと見始め、つまらなければ寝てしまったいいと睡眠薬程度の気持ちで見ました。

でも、最後まで見てしまったのです。

作品がすごくよかったから、

そうではありません。

まあ映画の出来は上の部でしたが、それほどでもありません。
にもかかわらず、なぜ見てしまったかをお話します。

アマゾンのBVD紹介の記事から

「愛にはいろいろなかたちがある。趣味嗜好が少数派の場合は、多数派から“変態”扱いされることもあるが、この映画は、キワモノになりそうなギリギリのところで踏ん張って、“純愛”に成り得た一作である

この評は違うと思います。

この映画はそんな純愛など画いていません。この監督の画きたかったのは、自閉症というこころの病気そのものだと思います。

私には体験があります、勿論自分自身のことではありませんが、自閉症の娘さんと長く付き合ったことがあったのです。

この映画の描写はその一つ一つをそれこそ際物にならないで、それなりに正確に映像化していました。

それがこの映画を最後まで見させた理由なのです。

たぶん私だけがそう感じているかもしれません、でもこのところの親殺し犯罪を見ていると、自閉症を理解しなければ分からないだろうと思えます。

あなたはどう思われますか?

なんかちょっと重い言葉になりましたが、

でも現代、こんにちは自閉の人がどうしていいのかこまっている、その挙句とんでもない親殺しをしてしまう、そう考えるのは無理な事でしょうか。

出来ればご意見いただければうれしく思いますが・・・

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

珠玉の言葉「鏡の法則」の全部を是非味わってください。


楽しい名セリフを自分のものにしましょう

恋愛映画

冬のソナタ、ぺ・ヨンジュン

ある人から「冬のソナタ」続編をどんなドラマにしたらいいかってお村紙いただきました。

ぺ・ヨンジュンとチェジュウをもう一度競演するドラマを彼女は本気で見たいと思っています。

そのため次のドラマをみんなで組み立てようというのです。

コメントをいただいたとき
この女馬鹿かな
そう思いました

NHKかどこか分からないけど、できれば本気で構想をとどけるという本気の気持ちなんです。

その本気は「本気」でした。

[さて冬のソナタ続編についてですが 損孫にすべきは、 『君の名は』です。 2人の再会を、すでに両方とも結婚している。 しかし両方とも幸せな結婚でなく、お金はあっても『愛』がない生活。 という事からはじめます

「心の旅路」参考になるでしょうが、 やはりアジア人の感情の表現が、家族のつながりなど微妙にアメリカやヨーロッパと違いがあると思います。

ウエットで少ししつこくて面倒な描写ほど
アジア人には受ける勘定だと思うんですが、

いかがでしょう。

これって橋田壽賀子さんの受け売りです。
でも、彼女が言ったのは「フユソナ」が受けるのは「君の名は」が今でもその感覚が日本人にあるからだと


彼女(投稿者)が続編を書いてくれて、大当たり
彼女が作者としてぺ・ヨンジュンとチェジュウに
再会したら

本気の続編が始まります。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡・ hiro1633@leto.eonet.ne.jp
■ サイト  
■ ブログ  


フユソナ愛は純愛です
ここから鍵を開けるのです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。