[PR] 弁理士 菊地凛子Gグローブ賞候補:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1960年代邦画

菊地凛子Gグローブ賞候補

菊池凛子聴覚障害者演技から思い出すこと

「映画「バベル」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)で聴覚障害のある女子高生を演じ、日本人女優として35年ぶりに米ゴールデングローブ賞助演女優賞の候補となった菊地凛子さん(25)が、産経新聞のインタビューに応じ、「人生で大切なことはすべて映画で学んだ」と熱い思いを語った。」(産経)

このニュースを見たとき、突然思い出したのが、「名もなく貧しく美しく」1961年の映画でした。



夫松山善三監督 妻高峰秀子主演のいい映画だった記憶があります。

今回の菊池凛子の役柄や、その作品のテーマがどういうものか分からないので、比較云々するのではありません。

40数年前高峰の聴覚障害者演技が急に目の前に現れたのです。

聾唖者独特の抑揚のない台詞回し、そこにその時々の感情が乗せられていた演技を上手いなぁと、当時感じました。

映画の内容は、題名とは異なり、ほのぼのした空気の通うものではありませんでした。

戦後の生活苦時代、周囲の言うなら偏見にさらされながら、底辺を生きる彼女の姿が描かれていました。

「名もなく貧しく美しく」は
戦後まもなくの、生活苦の時代、聾唖者夫婦が懸命に生きる姿を描いた作品でした。

周囲からの偏見の中、出産、聞こえないためでの赤ちゃんの事故、その死

落ち込みなど

この映画は、障害者の生きる当たり前の生活を描いていこうとしていましたが、悲劇が次々起こることになります。

映画ですから、そうでなければ作品にならないわけですが、

二人は、周囲の反対にもかかわらず、2人目を出産、健康優良児に育てますが、物心ついた子供からは疎まれるのです、そして彼女はあっけなく交通事故でこの世を去ってしまいます。

こうストーリーを書いてしまうと、暗くて面白くない映画になってしまいますが、映画はストーリーではありません。

そのワンシーンワンシーンが多くのことを語ってくれるのです。

障害者の生きる姿を描き、
ただ生きることを教えてくれます。

誰かの歌に「生きてりゃいいさ」とのフレーズがありましたが、そんな単純なことをこの映画は教えてくれた記憶があります。

この機会に一度ごらんになってください
そして、菊池凛子さんの映画も見に行きましょう。

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


 私が推他する古典映画を紹介しています。
 よければクリックしてください。

  ここからリストページにご案内いたします

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp


この記事へのコメント
TBありがとうございました。
ten_years_after
TBありがとうございましたv
凛子ちゃんはこれからもっと伸びる女優さんでしょうねv
あひる
はじめまして、特進相互リンクさせていただいた、ソメキチと申します
まだまだ、若葉マークですので勉強させていただきます。
今後も、どうぞ宜しくお願いいたします
はなまる情報マーケット
はじめまして、温泉ブログを運営しているzakiと申します。相互リンクのお礼で参りました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
日帰り温泉大好き!@日帰り温泉情報ブログ
はじめまして。このたび特進相互リンクさせていただきました「タイピング練習法」管理人です。映画っていいですね〜。後でじっくり読ませてください。応援しちゃいます。今後ともよろしくお願いします。m(__)m
タイピング練習法
はじめまして。「にきび情報ここにあり!」管理人のまると申します。特進ブロガーの友人より「内容が濃く、とてもキレイで、勉強になるブログがあるヨ!」とこちらを教えていただきました^^。本当に「映画が好き」という思いが強く伝ってくるブログ内容に非常に感銘をうけました。勉強になります。また拝見させていただきに参ります。応援のぽちっ♪ まる
にきび情報ここにあり!まる♪
こんにちは。
今度、特進相互リンクに
登録させてもらいました。
しっかりした運営を心がけますね。
特進仲間として仲良くしてください。

挨拶のみで恐縮ですが、
今度ともよろしくお願いします。
熟年夫婦問題解消バンク
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31079703
この記事へのトラックバック
菊地凛子さんアカデミー候補に挙がる
菊地凛子さんアカデミー候補に挙がる アメリカで大ヒット中の映画(バベル)に出演し...
ブログ名変 おじさん・スポーツ・芸能・TV・旬な話題

映画「バベル」監督が賞にノミネート
映画「バベル」監督が賞にノミネート La Jornada 07年1月4日新聞 Alejandro González Iñ&aacut..
ブログ名ブログ「おばちゃんの偏見メキシコニュース解説」

「菊池凛子」ちゃんにチュー目!
B・ピット、菊池凛子と一緒に国際映画祭に登場米カリフォルニア州で開催中の「第18回パームスプリングス国際映画祭」に6日、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品「バベル」に出演のブラッド・ピッ..
ブログ名チューネン娘。

バベル(2006)
やっと『バベル』を観ることができた。 『21グラム』もそうだったけれど、深い哲学性を持つ見応えある作品で、私の中でのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督への興味がまた少しアップ。 ..
ブログ名立ち食い映画日記

菊地凛子に大注目!
 一部のエンタメ・ニュースで、もうアカデミー賞助演女優賞ノミネート確実みたいな書かれ方をしているので、あんまり期待を煽らないで欲しいなと思ったりもしたんですが、調べてみるとまんざら可能性がないわけでは..
ブログ名海から始まる!?

第64回ゴールデングローブ賞ノミネート発表!
来年のアカデミー賞の前哨戦、 ゴールデングローブ賞のノミネートが、先日発表されましたねぇ〜! 日本では来年のGW劇場公開の『バベル』に出演した菊地凛子(25歳)が、 下馬評どおり助演女優..
ブログ名映画とはずがたり

2007年は菊地凛子???
一昨年年間興収記録を打ち立てたものの、昨年は「手紙」(最終興収見込12億円)を頂
ブログ名映画コンサルタント日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。