[PR] 弁理士 風と共に去りぬ:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

絶対見たい映画 洋画

風と共に去りぬ

絶対見て欲しい映画3回目です

今回はほかでも書きいましたがもう一度

   「風と共に去りぬ」1039年アメリカ

            ????????????¨????.jpg

 1865年、南軍の降伏で戦争は終わったが、南部の苦しい時代は始まったばかりだった。北部の悪徳政治家が、税金を一気に引き上げたのだ。悪いことは重なり、スカーレットの父が落馬して死亡する。

アシュレーの帰還が唯一の喜びだったが、生活力のないアシュレーは、頼りにならなかった。タラの屋敷と土地を守るため、スカーレットはレットに金策を頼むが断られてしまう。


その後スカーレット(主人公)はレット(金持ち)と結婚して、強い女として生きていく。この中心には、恋愛の糸が絡まりあい、それが大きな主題になっていますが、それはあなた自身でお確かめください。

 私は、アメリカ人の強さとエゴの同居をすごく感じた映画でした。そういう意味でアメリカ人の合理性がスカーレットに現れていたと思うのですが、どうでしょう。

         〓〓[〓〓〓.jpg

上のシーンは、カーテンをドレスにしてレットにあいにいくシーンの一こまですが、このワンカットでもこの映画の強さを見ることが出来ます。

        ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

この記事へのコメント
こんにちは! 相互リンクでお世話になってます、【風水情報館@インテリア】の、りのです。

この映画大好きなんです〜♪^^

ってことで、応援していきますね!
(*^ ・^)ノ凸ポチッと☆

りの 【風水情報館@インテリア】 
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。