[PR] 弁理士 戦艦ポチョムキン:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

絶対見たい映画 洋画

戦艦ポチョムキン

絶対見て欲しい映画

今日はずいぶん古い無声時代の映画のご紹介です

     「戦艦ポチョムキン」1925年ロシア映画


         〓〓〓〓〓〓.jpg

時は1905年第一次ロシア革命前夜。戦艦ポチョムキン号の船上では、水兵が士官からウジのわいた肉を食べるように命じられている。ワクリンチュクといつ一水兵の呼び掛けに従い、他の水兵たちが一斉に蜂起を開始する。反乱は成功するが、士官の報復によりワクリンチュクは死ぬ。

船はオデッサ港に人り、人々はワクリンチュクの死体を幾重にも取り囲み深い悲しみに沈む。怒り、デモ、赤旗掲揚。続いてオデッサの港に面した長い階段での水兵と海岸の人々との交歓が描かれ、食料を乗せた小舟の群が船に向かう。突如銃声が響き、政府軍の一斉射撃が始まる・・・・。

惨劇の後のポチョムキン号船内。不安な一夜を過ごした水兵が水平線に政府軍の艦影を発見する。戦闘準備の号令で緊張の時が流れる。しかし敵艦は発砲せず、ポチョムキン号は艦隊の間を勝ち誇って進んで行く。

 ロシア革命の映画ですが、ストーリーに意味はありません。
監督エイゼイシュテインがこの映画で始めてモンタージュという手法を使い、その後の映画を一変させたことが重要でした。

それまでは、舞台のようにただ撮影しているというものが映画だったのを、モンタージュというダイナミックさを映画に吹き込んだのです。(このことは後に自作ビデオ撮影法)で素人解説させていただきます。

 とはいえ、映画的にも有名になり、彼の名を不朽のものにしたシーがありました。

           〓〓〓〓.jpg

上の写真は、映画のシーンではありませんが、オデッサの階段として撮影された場所です。

 水兵や一般市民に軍隊が発砲して殺戮する有名な6分間のシーです。

 もっともそれを有名にしたのは、赤ちゃんの乗った乳母車が階段を転がるシーンでした。

 6分間の殺戮の残虐さを、乳母車で表現したすばらしいシーンといえます。

 あなたもご存知のケビンコスナー主演「アンタッチャブル」の駅階段でも使われました。

 この映画は、ロシア革命より、その映像技術、今では当たり前の技術ですが、初めてあみ出したその手法をごらんいただきたいと思います。

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします

小津作品はあなたの撮影の力になります。
映画の感動と一緒に撮影技術が学べる一挙両得はここから





●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

珠玉の言葉「鏡の法則」の全部を是非味わってください
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。