[PR] 弁理士 映画アカデミー賞 アラビアのロレンス:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1960年代洋画

映画アカデミー賞 アラビアのロレンス

アラビアのロレンス 1962年度アカデミー賞

        〓〓〓〓??.jpg

「トマス・エドワード・ロレンスはウェールズの名門の生まれで、オクスフォード大学で考古学を学ぶ青年だった。第1次世界大戦が始まって2年目の1916年、ロレンスはカイロの英陸軍司令部に勤務していた。アラビアの情勢に詳しく、トルコの圧政に苦しむアラビアに深く同情していたロレンスを、イギリス軍事情報部はドイツとトルコの同盟にくさびを打ち込む人物として、アラビアに派遣した。」

伝統的にイギリスの監督は、伝記映画が得意です。

またイギリス映画には、伝記映画にいい作品が多いのが特徴といえます。

彼は反乱軍の指導者、フセインの次男ファイサル王子(アレック・ギネス)の陣営に加わった。また、ハリト族の族長アリ ・イブン・エル・カリッシュ(オマー・シャリフ)と出会い、ともにアラブ民族独立のために戦うことを誓う。

そして部族社会で統一が難しいアラブの兵士をまとめ、トルコを攻め、アラブ国家の建設をロレンスは夢見るが、政治の世界に翻弄されて、それは未完成に終わる。

今日の、イラン、イラクなどアラブ国家の状況は、その当時とそんなに変わっていないと私は思います。

ロレンスが成し遂げられなかったように、今日のアメリカもいわゆる民主化に成功するとは思えません。

それより映画では、ピーターオーツールのロレンスの粘るような目が印象的でした。

ホモを暗示する少年との関係などでのオーツールの目つきは彼が実際そうであるかのように、変質的な様子がとにかくリアルに感じられ、ある種革命家の特徴のように思えたのです。

あなたはどうお感じでしょうか?

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。