[PR] 弁理士 古典映画邦画「また逢う日まで」:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1950年代邦画

古典映画邦画「また逢う日まで」

今晩は

古典映画のご紹介です
今井正監督映画で初めて見た映画です

??????〓??????.jpg 今井正「また逢う日まで
このガラス越しのキスシーンが大変評判になりました
キスシーンが日本映画に登場した初めての映画でした

今では考えられない事ですね

今井正は共産党員で、戦後まもなくで、映画が取れるようになった
マルクス主義者で社会派の監督であった

などなど、私にはどうでもよい話です

この映画で岡田英二と久我美子が競演した恋人同士です
ガラス越しのキスシーンより

久我美子が映画に出たことに興味が大きい事でした

kuga.jpg
彼女は確か華族の出身だと記憶しています
彼女が映画スターなどになる、そんな時代になった

それも今井作品に出た
この感慨の方が大きく心の中に残りました

ストーリーは戦中で不自由な恋愛、彼と会うことなく死んでしまう
そういう戦後映画は多かったのですが、その中でも一番と言えるものだと思いますから、是非ご覧ください。

この映画で連想させられる事は、このあと日本映画が黒澤など世界的に認められるきっかけになったと思えるのです。

それがガラス越しのキスシーンに
象徴されたと思っています。

あなたはどうお考えでしょうか
imai.jpg   ??????〓????????.jpg   

ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

珠玉の言葉「鏡の法則」の全部を是非味わってください。


楽しい名セリフを自分のものにしましょう
   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23893614
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。