[PR] 弁理士 古典映画1950年邦画:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1950年代邦画

古典映画1950年邦画

今晩は

昨日に続いて1950年代の古典映画ベストワン

キネマ旬報のベスト1を集めました。

??????〓??????.jpg   ??ж??.jpg    ж??〓.jpg   

また逢う日まで          羅生門            生きる 



????¨〓.jpg    ????????2.jpg

にごりえ                       二十四の瞳

やはりすべて見ていますが、

この中で1番というと「生きる」でしょうか

黒澤が花開く一番の作品だと思います。

「い〜のち〜みじいかし〜〜」
と歌う志村喬の姿がこの映画の総てを物語っていました。

もう一度あなたも是非ご覧ください。

<span style="color:#FF0000;">ブログランキングに参加しています
クリックお願いします


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

珠玉の言葉「鏡の法則」の全部を是非味わってください。


楽しい名セリフを自分のものにしましょう
   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
【DVD】独立愚連隊西へ/佐藤允
発売日:2006/01/27日中戦争終戦間近の北支戦線を舞台に、寄せ集めの兵隊たちの活躍を描いた、日本映画界の鬼才・岡本喜八監督が贈る戦争アクション作品。佐藤允、加山雄三、水野久美ほか出演。・『赤い殺..
ブログ名邦画をあなたに捧げます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。