[PR] 弁理士 映画古典1950年代ベスト1:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

1950年代洋画

映画古典1950年代ベスト1

今晩は

これから映画のベスト1を時代を振り返って思い出し、何かあなたに伝えます。

1950年から1955年までの映画
 アカデミーベスト1

〓〓??э??.jpg   〓〓??〓〓〓〓Ь.jpg  ????〓¨??????.jpg  ??ξ??.jpg  

 50年イブの総て 51年パリのアメリカ人 53年地上より永遠に 54年波止場   

アカデミー賞作品賞の映画です。

ご覧になったでしょうか

私はみんな見ています(当然、そのとき青春)

「地上より永遠に」ここよりとわに 
この題名の訳はすごい上手いと思いました。

映画はモンゴリークリフトの涙目がすごい印象的で、こちらも涙目を練習した事を思い出します。

日本軍の真珠湾攻撃前のハワイアメリカ軍を画いた映画ですが、本当にそんなだったのか、アメリカ軍はそんなにのんきだったのか

平和なアメリカを突然襲った野蛮な日本軍を強調するための映画だったんでしょうが、よく出来た映画でした、一度見る価値はありますよ。

バートランカスター、私の好きな役者ですが、芝居は本当に下手です、でも三船敏郎と同じように存在感だけで絵になる役者です。

フランクシナトラは真空地帯の兵隊を見たような気がしました。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡先 hiro1633@leto.eonet.ne.jp

珠玉の言葉「鏡の法則」の全部を是非味わってください。


楽しい名セリフを自分のものにしましょう
   

この記事へのコメント
コメントをお寄せいただき、どうもありがとうございました。『イヴの総て』、『巴里のアメリカ人』、『地上より永遠に』。全部見ております。鬱陶しいなどと書きましたが、エリア・カザンの『波止場』はまったく嫌いというわけではありません。初めて見たときは、特に撮影(キャメラ)が素晴しいと思いました。
地球映画遺産 編集人
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
わが心のお蔵入り映画(1)『左きゝの拳銃』
なかなか見る機会のなかった『左きゝの拳銃』 (アーサー・ペン監督、1958)をやっと見たが、期待に違わぬ傑作か、という思いは無残に打ち砕かれてしまった。 ポール・ニューマンが演じたビリー・ザ・キ..
ブログ名地球映画遺産 編集日記

隠された名匠、黒光りのするフィルムノワール
ようやく見ることの出来た鐔∪?C隆鼎X瓩褊州、渋く明晰で、アレキサンダー・マッケンドリックの腕の冴えがここでも見れる。1本こけてキャリアを失うとは惜しい残酷である。
ブログ名この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち

介護保険
 平成18年9月29日(金) 市役所3階305号室にて「改正介護保険制度」につい
ブログ名nakamie一休IT同好会のホームページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。