[PR] 弁理士 冬のソナタ、ぺ・ヨンジュン:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

恋愛映画

冬のソナタ、ぺ・ヨンジュン

ある人から「冬のソナタ」続編をどんなドラマにしたらいいかってお村紙いただきました。

ぺ・ヨンジュンとチェジュウをもう一度競演するドラマを彼女は本気で見たいと思っています。

そのため次のドラマをみんなで組み立てようというのです。

コメントをいただいたとき
この女馬鹿かな
そう思いました

NHKかどこか分からないけど、できれば本気で構想をとどけるという本気の気持ちなんです。

その本気は「本気」でした。

[さて冬のソナタ続編についてですが 損孫にすべきは、 『君の名は』です。 2人の再会を、すでに両方とも結婚している。 しかし両方とも幸せな結婚でなく、お金はあっても『愛』がない生活。 という事からはじめます

「心の旅路」参考になるでしょうが、 やはりアジア人の感情の表現が、家族のつながりなど微妙にアメリカやヨーロッパと違いがあると思います。

ウエットで少ししつこくて面倒な描写ほど
アジア人には受ける勘定だと思うんですが、

いかがでしょう。

これって橋田壽賀子さんの受け売りです。
でも、彼女が言ったのは「フユソナ」が受けるのは「君の名は」が今でもその感覚が日本人にあるからだと


彼女(投稿者)が続編を書いてくれて、大当たり
彼女が作者としてぺ・ヨンジュンとチェジュウに
再会したら

本気の続編が始まります。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■ 発行者: 詩音 魔
■ 連絡・ hiro1633@leto.eonet.ne.jp
■ サイト  
■ ブログ  


フユソナ愛は純愛です
ここから鍵を開けるのです

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18053106
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。