[PR] 弁理士 日本映画が感動と共に帰ってきた:映画館(こや)の木戸はあいている 何が何でもYhooショッピング
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

恋愛映画

日本映画が感動と共に帰ってきた

60歳のラブレター

日本映画(邦画)の原点が戻ってきました。

http://www.roku-love.com/intro/より引用
「大手建設会社の定年退職を目前に控え、第二の人生をはじめようとする孝平と、専業主婦として家族に尽くしてきたちひろは、離婚を決意。お互いが別々の道を歩み始めたとき、新婚当初ちひろが30年後の孝平に宛てて書いた手紙が、時を経て届けられる──。
 5年前、愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・静夫は、医療小説の監修を求められ、翻訳家として第一線で活躍する麗子と出会う。新しい恋に臆病だった2人に勇気をくれたのは、思いがけない人からの英文ラブレター。

 青春時代にビートルズを謳歌し、今は魚屋を営む正彦と光江。口げんかは絶えずとも、友達のような2人に訪れた悲しい出来事。手術にのぞんだ光江が眠る病室には正彦が弾き語るギターの音色が響く。それは2人の思い出の曲──。」

この3組の60代の男女の生活と愛の物語。

イントロで東京の俯瞰が、首都高速が俯瞰、人が住んでいるのか、ただ大量の車が行きかう東京。

そこに田舎のアンちゃんが運転する車が・・・

彼はこの映画にほとんど登場しない
映画を見れば分かりますが、縦糸をつなぐ重要な役目のアンちゃんです。

さて、こんな手法どこかで見た記憶があるのですが・・・
今思い出せません。

このような小品が胸を打つ映画の原点時代がやってきました。
このところの日本映画(邦画)の健闘は

いつの間にか毒されたアメリカ映画の荒唐無稽のドンパチ映画
それに人が辟易し始めたのでしょう

すぐ身近に胸を打つ人の感動があった、そう気づかせてくれるのがこの映画です。

スピルバーグのCGに3丁目の夕日のCGがかったと思った瞬間
日本映画(邦画)が復活したと思ったのでした。

それにしてもこの監督若いので、驚きました。
深川栄作:1976年、千葉県出身。高校卒業後、専門学校で映画制作を学ぶ。


NHKの企画による60歳のラブレター収集から生まれた映画です。

60歳のラブレター(5)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122074748
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。